TOPICS

2024/01/24 11:19


1年を通してサーフィンを楽しみたい方は「サーファーズイヤー」に気を付ける必要があります。

サーファーの方は聞いたことのある病気だと思いますが、「サーファーズイヤーを予防する方法を知らない」という方が多いのではないでしょうか。

この記事では、サーファーズイヤーの原因・症状や予防する方法について詳しく解説します。

サーファーズイヤーを予防しながらサーフィンを楽しむためにも、ぜひ最後までご覧ください。

サーファーズイヤー(外耳道外骨腫)とは?


サーファーズイヤーとは、サーフィン歴が長く、冬でも海に入っている方に多く起こる病気です。冷水による刺激を長期的に受けることで外耳道の骨が増殖し、耳の穴が全体的に狭くなるのがサーファーズイヤー(外耳道外骨腫)になります。

サーファーが発症しやすい病気であることから「サーファーズイヤー」という名前がついたと言われています。

重症化すると手術を行わなければいけないケースもあるため、サーファーは常に予防することが大切です。

サーファーズイヤーの症状

耳の穴が狭くなっていない初期段階では、自覚症状がほとんどないです。
外耳道の骨が大きくなり始めて、耳の穴が塞がるようになると、耳に入った水や耳垢を出しづらくなります。

その結果、細菌感染を伴い炎症が起こり、耳に痛みを感じます。
そして、外耳道が完全に閉鎖してしまうと、難聴(伝音難聴)が生じます。

サーファーズイヤーの治療法

一度できたサーファーズイヤーは小さくなりません。
そのため骨腫瘍が大きくって症状が重くなると「手術」が必要です。

サーファーズイヤーの手術では、耳介の後ろを大きく切開して外耳道にアプローチする方法が採用されることが多くなっています。

また、手術をしても冷水刺激によって外耳道の骨は増殖するため、常に予防することが大切です。

サーファーズイヤーを予防する2つの方法


1年を通してサーフィンを楽しみたい方は、サーファーズイヤーを予防することが大切です。
サーファーズイヤーを予防する方法を大きく2つご紹介するので、下記から参考にしてみてください。

①寒い時期はサーフィンを控える

サーファーズイヤーは、冷水による刺激によって起こる病気です。
そのため寒い時期のサーフィンを控えることで、サーファーズイヤーは予防できます。

しかし、理屈上、冬のサーフィンを控えた方が良いと言われても「冬でもサーフィンはしたい」「1年中サーフィンしたい」というサーファーは多いと思います。

寒い時期でもサーフィンをしたい方は、以下でお伝えする予防を参考にしてみてください。

②サーフイヤーを使う

寒い時期でもサーフィンする方は、サーフイヤー(耳栓)を使うことが予防につながります。

サーフイヤーを使うことで、耳に海水が侵入することを防げ、冷水による刺激を抑えることができます。

また、サーフイヤーを使うことで、鼓膜が破れてしまうことを防いだり、耳に海水が入る不快感をなくすことが可能です。不快感なく安全にサーフィンを楽しみたい方は、1年中サーフイヤーを使うことをおすすめします。

サーフィンに適したサーフイヤーの選び方


サーフイヤーはサーフィンを楽しむために大切なアイテムで、自分に合ったものを購入する必要があります。しかし、数多くのブランドから販売されているため、購入時に悩まれる方が多いです。
ここでは、サーフィンに適したサーフイヤーの選び方をご紹介します。

音の聞こえやすさ

サーフィン中に使用するサーフイヤーで重要なポイントが、音の聞こえやすさです。

海には他のサーファーが多くいるため、他の人の声や音が聞こえないと接触事故につながります。

音が聞こえやすいサーフイヤーを使っていれば、声や波の音で危険を察知できます。

海水の侵入を防ぎ、周りの音が聞こえるようになっているサーフイヤーを選ぶことが安全にサーフィンを楽しむために大切なことです。

負担の少ない素材

サーフイヤーは海水が侵入しないように密閉するため、長時間使用すると痛みが出ることがあります。そのため耳に負担の少ない素材のサーフイヤーを選ぶことが大切です。

一般的にシリコン素材のサーフイヤーは負担が少なくなっています。耳に入れる部分がシリコンであれば問題ないので、その点を確認しながら自分に合ったものを探してみてください。

耳に合う形

サーフイヤーはさまざまな形のものが販売されています。
耳に引っ掛けるようなサーフイヤーや、耳の穴に差し込むサーフイヤーなどさまざまです。

耳のサイズから形まで人それぞれ違うので、自分に合った形のサーフイヤーを選ぶようにしてください。

自分の耳に合っていないサーフイヤーを選んでしまうと、サーフィン中に外れてしまったり、耳に痛みが出ることが考えられるので、慎重に選ぶことをおすすめします。

おすすめの耳栓は【SURFEARS 3.0】


おすすめの耳栓は、SURFEARS 3.0です。

SURFEARS 3.0とは、サーファーのためにサーファーが開発したもので、音の聞こえるサーフイヤーとして人気があります。

特別に開発された独自の音響メッシュが使われていて、水を遮断しながらも音を取り入れられるように作られています。

また、SURFEARS 3.0は改良が重ねられてフィット感が増しているため、激しく落水しても耳から外れず、海水が侵入することを防ぐことが可能です。

SURFEARS 3.0には、さまざまなサイズに交換可能なパーツが付属されているため、自分に合ったサーフイヤーにカスタマイズできます。

サーファーズイヤーを予防しながら安全にサーフィンを楽しむには、SURFEARS 3.0のサーフイヤーがおすすめです。

サーファーズイヤーはサーフイヤーで予防できる|まとめ

この記事では、サーファーズイヤーを予防する方法とおすすめのサーフイヤーについてお伝えしました。サーファーズイヤーは冷水による刺激を受けることで起こる病気です。

そのためサーフイヤーを使って耳への海水の侵入を防ぐことがサーファーズイヤーの予防につながります。

この記事でお伝えした内容を参考に、サーファーズイヤーを予防しながらサーフィンを楽しみましょう!

ビーチカルチャーでは、サーフイヤーだけではなく、他にもサーフィンに欠かせないアイテムを用意しています。

ぜひ、チェックしてみてください!